通学免許の場合

近くに自動車学校があったり、時間に余裕のある方にオススメなのが通学タイプです。プライベートな時間を重視しながら免許をも取りたいですよね。ここでは、通学免許の特徴やメリットとデメリットについてご紹介します。

通学免許の特徴とは?

通学免許の特徴として、自分が行きたい時、行きたい時間に学科講習や教習を受けることができることでしょう。もちろん混雑している場合には第2希望日や第3希望日になる可能性は高いですが、それでも自分のペー…

通学免許のメリットとは?

通学で免許を取得するメリットと言えば、スケジュール調整のしやすさが挙げられます。通学の場合には、免許取得のための教習を日常生活の中に組み込む形となるので、他のことを全て犠牲にした上で、まとまった時…

通学免許のデメリットとは?

自動車学校に通う形で免許を取得することのデメリットにはどういったものが挙げられるでしょうか。まず、免許取得まで時間がかかってしまうことです。自動車学校近くのホテルなどに泊まり込んで集中的に学科と実…

合宿免許の場合

短期集中で一気に免許を取得したいという方にオススメなのが、合宿に参加するタイプです。自宅からは離れますが、同じ目標を持った仲間が一緒なので心配無用!ここでは、合宿免許の特徴やメリット・デメリットについてご紹介します。

合宿免許の特徴とは?

合宿免許は、二週間から三週間程度の短期集中のカリキュラムが組まれており、身近な地域にある教習所と比べて、免許取得までの費用が安く済むという特徴があります。特に、教習生の数が少ない地方にある教習所に…

合宿免許のメリットとは?

合宿免許のメリットは、短期間で運転免許取得を目指せる部分です。普通に教習所を利用した場合、1ヶ月以上期間が必要になることがほとんどです。忙しい人によっては、半年ほど期間が必要になることもあるので、…

合宿免許とはどんな意味か

合宿免許とは、運転免許を取得するために、一定の期間宿泊施設へ滞在し、集中して教習を受けることを言います。

合宿免許のデメリットとは?

人里離れた田舎で一定期間過ごす必要がある

免許合宿の最大のメリットは短期間で合格が目指せることです。その反面、非常に合宿のスケジュールがタイトです。短期間とは言え、人里離れた合宿所まで出かけ、まとまった時間をそこで過ごさなければいけません。毎日出席、出勤をしなければいけない社会人や大学生の場合、そもそも合宿に参加する暇がない、というのが大きなデメリットです。 合宿中は基本的にその施設と周辺の地域で過ごさなければいけません。リゾート地に合宿所が設けられるケースも増えてきましたが、人里離れた田舎町だった場合、勉強後の娯楽がほとんどありません。短期間とは言え、都会的なレジャーが満喫できない事はユーザーにとって大きなストレスです。家族や恋人、友達とも合宿中は会うことができず、SNSや電話経由でコミュニケーションを交わすのがやっとです。

プレッシャーが掛かる中で知識と技術を学ばなければならない

合宿免許の利点はリーズナブルなコストで教習が受けられることです。ただし、一方で実技や講習の成績が芳しくないと、追試や延泊という形になります。予定よりも合宿に時間がかかると、想定していたよりも費用が膨らみます。短期集中で知識や技術が学べるのは良いですが、その分だけユーザーに過度なプレッシャーがかかるのも事実です。 のんびり屋の方々には向いていない可能性があり、過度なプレッシャーの中では本来出来るはずの作業が出来なくなったり、普段なら暗記が得意な方、器用さに自信かある方も合宿場で苦戦を強いられるかもしれません。また合宿場によって食事や寝室のグレードはまちまちです。安価な施設だとコスパは良好ですが、衣食住の環境があまり良くなく、ストレスを感じたり、心身の疲労が抜けず実地試験が捗らないなどのデメリットが生じます。